FC2ブログ
大学禁煙化プロジェクト
全国の大学を禁煙化し、 大学生を非喫煙者として社会に送るプロジェクトが大学禁煙化プロジェクトです。(奈良女子大学保健管理センター 教育研究部門)
お知らせ 2008.8

1)文部科学省科研費などの研究費を受けてのニコチンパッチ無償提供は、STUDYとして遂行しています。(少なくとも6か月以上の緻密なフォローをしていただくことが前提です) 申し込み方法等は従来とほぼ同じですが、詳細は当研究室まで直接お問い合わせ下さい。

研究室お問い合わせ 中井久美子 nakai@cc.nara-wu.ac.jp (スパムメールを避けるために@を半角に変更してあて先にお使いください。

2)平成20年10月28日(火曜)に、大学禁煙化プロジェクト研究会を開催します。お知らせをお待ちください。

スポンサーサイト



大学禁煙化プロジェクト研究班〔敬称略五十音順〕
   研究班 (ワーキング)  伊東宏 (立命館大学教授) 
                川村孝 (京都大学教授)
                高橋裕子 (奈良女子大学教授
                戸部和夫 (岡山大学教授)

    文科省科研 研究代表者 高橋裕子 (奈良女子大学教授)
          研究分担者 川上憲人 (岡山大学教授)
                中原俊隆 (京都大学教授)
                 中道 實  (奈良女子大学教授)

    事務局   中井久美子 
         (奈良女子大学保健管理センター内 禁煙化プロジェクト研究室) 

      (所属はいずれも平成14年当時)


大学禁煙化プロジェクトの目的

「大学禁煙化プロジェクト」は、全国の大学を禁煙化し、21世紀をになう大学生を非喫煙者として社会に送るためのプロジェクトで、大学禁煙化プロジェクト研究班(代表 奈良女子大学 高橋裕子) が一部に文科省科研の補助を受け、インターネット禁煙マラソンの協力のもとに全国の大学に大学禁煙化にむけてのさまざまなサポートを提供するもので、平成14年から提供が開始されました。

プロジェクトは4つの基盤サポート、4つのプロジェクト、さらに2つのITプログラムから構築されています。
「生涯にわたって喫煙しない」大学人の育成と大学での喫煙対策の推進、喫煙学生や喫煙職員への禁煙サポートはプロジェクトの大きな柱です。

大学禁煙化PJシェーマ 

大学禁煙化プロジェクトで提供する10のサポート 
<禁煙支援者育成>
 対象期間単位備考
禁煙支援者情報交換ネットワーク(KK)への登録随時個人無料
大学禁煙化プロジェクト研究会年1回開催個人無料。
<喫煙者への禁煙サポート支援の提供>
 対象内容受付申し込み単位備考
喫煙学生禁煙サポート支援
(ニコチンパッチ無料提供)
随時大学無料
喫煙教職員禁煙サポート支援随時大学無料
喫煙学生携帯メールサポート(禁煙カレッジマラソン)随時個人無料
喫煙学生・教職員大学禁煙化プロジェクトガイドブック随時大学無料(送料負担願います)
<大学禁煙化サポート>
 内容提供申し込み単位備考
大学禁煙月間イベント(標語募集) 年一回個人無料
「大学は禁煙に」ポスター提供随時大学無料(送料負担願います)
大学運営側・学生対象講演やミーテイング随時大学無料
10大学禁煙化情報の提供や相談受付随時個人無料

上記10のサポートは、各大学がそれぞれの必要性に応じて自由に選択して利用していただくものです。
サポート5の喫煙学生向け無料携帯メールサポート(禁煙カレッジマラソン)は学生個人で利用申し込みができます。
そのほかのサポートは、大学における健康担当者のみなさまからのお申し込みを原則としています。

★上記サポートを利用ご希望の大学担当者の方は、まず奈良女子大学大学禁煙化プロジェクト研究室にご連絡ください。利用方法など打ち合わせさせていただいたのちに提供させていただきます。
 学生へのニコチンパッチの無料提供、教職員禁煙サポートは十分な成果を挙げるために、担当者の方には研究グループに登録いただき、詳細な打ち合わせの上提供します。なおニコチンパッチの提供は、大学の状況によっては周辺医療機関と連絡をとっていただくことが必要な場合や、パッチが提供できないこともありますので、早めにご連絡ください。

1 禁煙支援者情報交換ネットワーク(KK)への登録

 禁煙健康ネット(通称KK)は、医療関係者、行政や企業大学の禁煙推進担当者などおよそ6500人が登録している、日本で最大の禁煙支援に関するメーリングリストです。 

 金銭的負担や特別な義務はありません。
 大学禁煙化プロジェクトを利用されるみなさまは禁煙支援の基本情報習得のためにも
   KK登録をしていただいています。
 大学禁煙化プロジェクトの変更情報も、このHPと同時に、KKのメールを通じてお知らせします。
   なおkkは禁煙マラソンの社会貢献として提供されています。

お申し込み・詳細はこちら http://kinen-marathon.jp/charge/net/index.html


KK登録  

2 大学禁煙化プロジェクト研究会

全国の大学での禁煙推進者を対象に、大学禁煙化プロジェクト研究会を開催しています。全国保健管理研究集会の前日の夜に、研究集会と同一の場所をお借りしての開催としています。喫煙学生対象禁煙サポートや喫煙大学教職員禁煙化サポートを希望される大学担当者は必ず出席ください。

3 喫煙学生対象 禁煙サポート(ニコチンパッチ無料提供を含む) 4 喫煙大学教職員禁煙化サポート

学生向け支援にはパッチ無償提供をしています。職員向けには、通常は各大学で対応いただいています。
ただし共同研究として、プロトコールに沿った形で教職員むけの禁煙治療成果を実施いただき、共有させていただける場合には、 教職員向けにも、ニコチンパッチの無償提供をしています。

プロトコールとは、禁煙教室や禁煙講習会なども開催して進める形や、個別支援だけとする場合でもニコチンパッチの渡しぱなしではなく、パッチ&メールなど、長期にわたるきちんとした形での禁煙支援を提供いただくということで、これらはすべて、禁煙する人が禁煙しやすくなる効果を持つことをするだけであり、非合理的な(そのために禁煙する人に無用の負担がかかるような)ことをしていただくのではありません。
(大学の保健管理担当部署の方がお申し込みください・学生さん個人でのお申し込みは受け付けていません)


5 喫煙学生対象携帯メールサポート(禁煙カレッジマラソン)

30歳未満の喫煙大学生でしたら、だれでも自分で登録できます。

禁煙方法や喫煙関連疾患について学ぶ禁煙ガイドメール、禁煙状況を報告して先輩からアドバイスを受ける掲示板システム、医療者が個別に答える医療相談システムの3システムをふくむ半年のインターネット(携帯メール)支援を学生むけに無料提供します。

禁煙を希望する学生に下記申し込みURLをお知らせし、参加をお勧め下さい。
参加は随時受け付けています。

 ニコチンパッチ無料提供を受ける場合は大学単位での一括登録をお願いします。

 30歳以上では生活背景が異なることが多く、学生向けの禁煙カレッジマラソンが適するとはいえません。一般の禁煙マラソンへの参加をお勧めします。

禁煙カレッジマラソン 申し込みURL(学生さんが個人で申し込みをするための申し込み先)    http://kkcm.jp

大学単位などでの、一括登録もできます。大学関係者による学生一括登録の申し込みは当研究室にお問い合わせください。

6 大学生むけ禁煙パンフレット

 大学生むけ禁煙パンフレット(赤本)です。

1 喫煙による健康影響について

2 ニコチン依存と禁煙方法について

3 世界の禁煙対策

4 禁煙ダイアリー

このパンフレットは、喫煙大学生の禁煙支援のほか、大学の新入生オリエンテーションなどにも利用されています。新入生全員の分をお送りしますので、送付を希望される大学は必要数と送付先を添えて、禁煙プロジェクト研究室にお申し込みください。 (ガイドブックは無償ですが、送料はご負担ください)

7 大学禁煙月間イベント(標語募集)

 毎年、12月の大学禁煙月間に、禁煙標語を募集しています。(平成20年は未実施)平成15年、16年、17年の標語を紹介します。


平成15年度の、大学禁煙化にちなむ標語募集は215通の標語を応募いただきました。標語選定委員による審査の結果、下記のみなさまの標語を入選作品とさせていただきました。

 

最優秀作品 学内は 煙のち晴れ 禁煙デイ(山村良平・立命館大学
優秀作品
 大学のきれいな空気は理性の証 岡田一輝・関西学院大学)
     大学は きれいな空気も教えるところ手塚太郎・京都大学)
     そのヤニが あなたの肺を ヤミにする(西岡瞳・奈良女子大学)

15年度標語選定委員(敬称略)
丸木一成 (読売新聞医療情報部) 伊東宏 (立命館大学) 川村孝 (京都大学) 高橋裕子 (奈良女子大学) 戸部和夫 (岡山大学)

 


平成16年度の、大学禁煙化にちなむ標語募集には351件の応募をいただきました。標語選定委員による審査の結果、下記のみなさまの標語を入選作品とさせていただきました。

最優秀作品 禁煙化 澄んだキャンパス 明るい未来 (上原千恵・筑波大学)

 

優秀作品  タバコのない大学は、まずあなたから (庄本亘広大阪芸術大学)
      きれいな空気でみんな笑顔の大学に!(吉仲伸隆・広島大学)

佳作    
キャンパスの風 さわやかに禁煙化
      涼やかにたばこやめたと友が言う
      きれいな肺ではーい元気。キャンパスにみんなの笑顔がこぼれます
      はじめよう禁煙 ひろめようクリーンキャンパス
      会うたびに 幼さ まじめさ 覗かせる 禁煙まもる 女子学生
      見えますか?煙の向こうにあなたの未来
      大学で輝くあなたは ノンスモーカー
      学内の禁煙実施 みんなの願い
     
 タバコが汚す 肺とキャンパス あなたの心
      禁煙をした友の顔 すがすがし

 

 

16年度標語選定委員(敬称略)
大熊由紀子(国際医療福祉大学大学院教授) 伊東宏 (立命館大学)川村孝 (京都大学)
戸部和夫 (岡山大学)高橋裕子 (奈良女子大学) 他3名


平成17年度 大学禁煙化の標語募集

 

最優秀作品  若者が タバコ止めれば 社会も変わる  (広島大学 山下禄貴)

優秀作品1  禁煙達成で 迎えた今日は巣立ちの日 こころも肺も日本晴れ (大分県立看護科学大学 原田 幸代)
優秀作品2  喫煙者 サポート次第で 禁煙者 (大分県立看護科学大学  北原佳奈)

佳作   もうやめた キャンパスと肺 汚すこと
    ホッとした 父の禁煙 聞いたとき
    
今回の全面禁煙化を期に禁煙を チャンスを逃すな喫煙者!
    禁煙で 健康充実!大学生!!
    ステキです タバコを吸わない その姿
    禁煙化 未来を切り開く 大学から
    大学人、知恵でつくりあげます 禁煙環境!

8 「大学は禁煙に」ポスター提供
ノバルティス社の協賛で、「大学は禁煙に」ポスターを配布します
ポスターをご希望の方は、禁煙化プロジェクト研究室までお申し出ください。(無料)
9 大学運営側や学生対象のレクチャーやミーテイング

受動喫煙の有害性については2004年に大きな進展があり、微量の受動喫煙の有害性や、きちんと受動喫煙を防止した場合の有効性などについてのエビデンスが確立されました。しかしそうした知識の不足している大学構成員からは、「少しくらいのたばこの煙なら有害性はないだろう」「建物内禁煙にせずとも喫煙室をつくって隔離しさえすればよい」などの言葉が聞かれます。大学禁煙化PJではこうしたエビデンスに加えて、大学禁煙化状況調査結果なども活用し、各大学での大学教職員および学生へのインパクトの大きな出張レクチャーやミーテイング(デイスカッション)をおこないますので、遠慮なくお申し付けください。(学生教職員の喫煙率などのデータを共有させていただける場合は、講師謝金や交通費は不要です)

10 大学禁煙化情報の収集・提供や相談受付

大学の禁煙化、学生教職員の禁煙推進などお困りの点はどうぞ遠慮なくメールにてご相談ください。    

奈良女子大学禁煙化PJ研究室(高橋研究室)
担当者   中井久美子